本文へスキップ

千葉県富津市青木にある地域密着型医療施設。病院・介護老人保健施設運営。

電話でのお問い合わせはTEL.0439-87-0650

〒293-0012 千葉県富津市青木1641

コラムColumn

平成27年5月11日(月)に行われた千葉県民間病院協会総会にて、当法人理事長 三枝一雄 が講演を行った際の記録に、演者が加除訂正をしたものです。ぜひ、ご一読いただければ幸いです。

平成27年 千葉県民間病院協会総会 講演記録(三枝一雄)【前編】

前ページより

すでにご承知の方が多いかと存じますが、稲盛氏は弱冠27歳で京セラ(株)を設立し、電気通信事業の自由化に際して「第二電電」を立ち上げて、後にKDDI(株)となってこの業界を制しました。さらに政府の要請を受けて日本航空(株)の会長に推され、経営の建て直しを行ったことなど、その経営手腕は高く評価されております。その稲盛氏が、「医学と倫理 −利他の心で世の為に尽くす−」というテーマでお話されました。

要約すると、自分は医学医療には素人で企業経営の経験しかないが、人生83年を振り返り、その経験を述べたいと思う。医師にはヒポクラテス以来高度な倫理観が求められており、今や医療は神の領域の技術を駆使するようになった。神の技を駆使するには間違った使い方をされたら危険である。それを正しく行うのはまず哲学が不可欠である。私は若い時から利他の哲学をもって人生を過してきた。利他の心は他人の協力を得られ神のご加護がある。医学に携わる皆さんにはこれをベースに世の為人の為に尽くして頂きたい、というものでした。

そのお話の中で一番私が心魅かれたのは、稲盛氏の次の言葉でした。

自分は、若い頃から立派な業績を挙げる人と挙げ得ない人と人生がどう違うのか、人生の違いはどういうfactorで出来ているかを考えてきた。それは三つの要素があり、自分は経験的にそれを人生の結果を示す方程式と名付けた。

人生の方程式(人生・仕事の結果)= 哲学 × 熱意 × 能力

この中で、熱意と能力は0点から100点までであるが、哲学は−100〜+100点まであることに注意して頂きたい。このマイナスの哲学は、人を恨む・ねたむなど利己心・功名心・高慢心などである。企業の経営でも能力に恵まれ努力を重ねて立派に成長しながら、魔がさしたように没落し滅亡した会社が多い。能力・熱意があるほど、これを制御するのがプラス哲学、すなわち「利他の心」である。これは決して理想論ではなく企業の現実である。

以上のお話を聴いた私は、人生をプラスにする哲学として、私がご縁を得て生涯の指針となった「モラロジー」という学問をここに紹介したいと思ったのであります。


Saigusa Hospital三枝病院

〒293-0012
千葉県富津市青木1641
TEL 0439-87-0650
FAX 0439-87-1730